こんにちは。たくです。
このページでは海外製EA”Forex FlexEA”のチャートデータの生成方法について説明しています。

ブログランキングに参加していますので、
応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

チャートデータとは?

チャートデータはFlexEAの核となるデータです。
このファイルがないと自動売買ができません。

しかし、チャートデータは自動生成されるので安心してください。

とはいえ、どのフォルダに生成されるかぐらいは知っておいたほうがいいので、
今回はチャートデータが生成される場所と流れを説明します。

チャートデータの生成方法

メチャクチャ簡単です。
FlexEAを設定した状態でMT4を閉じるだけです。

MT4を再起動しても同じチャートデータで稼働を続けられます。

チャートデータの生成場所

ファイル>データフォルダを開く

MQL4>Filesに移動する

初めてFlexEAを起動した場合は何も入っていません。

MT4を終了すると、CSVファイルが自動生成されます。

本当これだけの作業ですが、チャートデータの置き換えや削除のときに必要な知識となるので絶対に覚えましょう。

まとめ

このページで覚えて欲しいポイントをまとめます。

Point・FlexEAのチャートデータは自動売買をするための大切なデータ

・チャートデータはMT4を終了した時に自動生成される

・チャートデータの保存場所はMQL4>Filesの中にある

操作自体は5分もかからないので、一度試してみて下さい。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントをどうぞ