こんにちは。たくです。
このページでは海外製EA”Forex FlexEA”のチャートデータの読み込み方法を説明しています。

ブログランキングに参加していますので、
応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

チャートデータを読み込ませると何ができる?

前提としてFlexEA購入特典として僕がお渡ししている、FlexEAのパラメータファイルを設定してください。

僕が週1で配信しているFlexEAのチャートデータをあなたの自動売買環境に読み込ませることで、僕と全く同じ環境でトレードができます。

FlexEAを初めて設定したあとのチャートデータは0%になっています。

これに僕のチャートデータを読み込ませると・・・

完全に僕と同じトレード環境を再現できます。

最初にチャートデータを読み込ませてしまえばあとは運用するだけなので1回だけの作業です。

チャートデータの読み込み方法

今回はドル円のチャートデータを読み込ませたいと思います。

やることは至って単純。
僕のチャートデータの中身をあなたのFlexEAのチャートデータにコピーするだけです。

チャートデータのダウンロード

僕のサイトで配布している最新のチャートデータをダウンロードしてください。

最新のチャートデータはこちらにある最新記事をご確認ください。

ファイルの中身はこんな感じです。

これで下準備は完了です。

あとは僕のチャートデータをあなたのFlexEAのチャートデータにコピーするだけです。

ここからはあなたのMT4上での操作となります。

ファイル>データフォルダを開く

MQL4>Files

フォルダを開いたまま、MT4を終了

のCSVファイルとあなたCSVファイルを開く

僕のCSVファイルの中身を、あなたのCSVファイルにコピペ

この時、あなたのCSVファイルの中身を消した状態でコピペしてください。

コピー完了後は上書き保存して閉じます。

MT4を起動し、チャートデータの読み込み完了を確認

これでチャートデータの読み込み作業は完了です。

この手順で10通貨ペア全部のチャートデータを読み込ませれば、僕と同じトレード環境の完成です。

まとめ

このページで覚えてほしいポイントを以下にまとめます。

Point・チャートデータの読み込みは僕のFlexEAのパラメータファイルを設定した人向け

・チャートデータの読み込み方法・・・僕のCSVファイルの中身を、あなたのCSVファイルにコピペ

・CSVファイルはMQL4>Files に保存されている

・CSVファイル読み込み前にMT4を終了する

・コピー時にあなたのCSVファイルの中身を消してから、僕のCSVファイルの中身をコピペ

・CSVファイル読み込み後、MT4を起動する

最初にやってしまえば、後は稼働設定を守るだけです。

稼働設定は毎週土曜日に更新しますのでこちらから確認してください。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントをどうぞ