こんにちは。たくです。

このページではFX自動売買において、FlexEAのドローダウンを25%に設定している理由を説明しています。

ブログランキングに参加していますので、
応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

ドローダウン(DD)とは?

ドローダウンは自身の証拠金に対して、一時的な損失がどれだけ出たかを表す数値となります。

例えば、100万円の証拠金に対して、10%のドローダウンが出た場合、
証拠金が一時的に90万円まで落ち込んだ。
という表現になります。

FX自動売買においては、このドローダウン値によって損切りを発動させる機能があります。
FlexEAもそのたぐいです。

ドローダウンを25%に設定している場合、100万円の証拠金に対して、25万円の損失が出た場合、自動的に損切りが発動される。
ということになります。

ドローダウン100%で稼働させている場合は、資産がなくなるまで損切りをすることが無い。
ということになります。

ドローダウン(DD)を25%に設定している理由

僕がお配りしているFlexEAのパラメータファイルでは、ドローダウンを25%に設定しています。
一度負けると、証拠金の25%を失う設定です。

Flex EAのデフォルト設定では35%とされています。
実際、FlexEAのフォーラムでもドローダウンの設定値については深く議論されています。
50%の人もいたり、100%の人もいます。

さて、25%で運用をしている理由ですが、
負けたときの傷を浅く済ませたいからです。

例えば、ドローダウンを50%に設定した状態で、負けたとします。

100万円の資金で運用していた場合、50万円になってしまいます。

利益1%のためにドローダウン50%をかける

こんなリスクを持ったトレードはしたくありません。

25%で損切りされたけど、30%にしておけば損切りされなかった!
という人もいると思います。

正直なことをお伝えしますと、それは結果論です。

30%で運用しても構いません。

ただ、為替の未来がわかる人など誰もいません。
負ける時は負けるんです。

その時の傷を浅くするためにドローダウンを25%に設定しています。

25%であれば1ヶ月運用すれば取り戻すことが可能です。

50%の場合は2ヶ月以上の時間がかかることもあります。

ただ、本当に負けないようにする運用方法もあります。
負けそうになったら証拠金を追加投資することです。

ただ、これは誰もができるわけではないので僕からはオススメしていません。
ですが、僕は利益の半分を週ごとに別口座へ移動させています。

いざというときのためにです。

ブログ用の口座ではそのようなことはしませんでしたが、
プライベート口座ではそうしています。

このことについては別記事で説明させていただきますね。

まとめ

このページで覚えてほしいポイントをまとめます。

  • ドローダウンは自身の証拠金に対して、一時的な損失がどれだけ出たかを表す数値
  • FX自動売買においては、このドローダウン値によって損切りを発動される
  • 僕がお配りしているパラメータファイルのドローダウン設定値が25%の理由は負けたときの傷を浅くするため
  • ドローダウンの設定値は結果論であって、ドローダウン100%であっても負けるときは負ける
  • 負けた時にどのくらいの期間で損失を取り戻すか考えた上で25%を設定している

分かりづらかったらLine@でご連絡いただければと存じます。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントをどうぞ