こんにちは。たくです。
このページではFlexEAを運用して得た利益をどのように運用していくか。
について僕なりの考えを説明しています。

ブログランキングに参加していますので、
応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

FX自動売買で得た利益の運用方法

僕は週ごとに得た利益の半分を別口座に移しています。(以後、利益確保口座とします)

ブログ用の取引口座で純粋なFlexEAのパフォーマンスを図るために僕の運用方法は適用しておりませんが、
プライベート口座は自分の資金を守るために実施しています。

例えば、1週間で500ドルの利益を得た場合、半分の250ドルを利益確保口座へ資金移動します。

やっていることはすごく単純ですが、この資金移動がいざという時に役に立ちます。

この運用をする理由

僕がこの運用をしている理由はすごく単純です。

いざという時に利益確保用口座からFlexEA稼働口座に資金移動させて負けないようにするためです。

以前、僕のFlexEAのパラメータファイルは証拠金に対して25%の損失が出た場合に損切りをすると説明しました。

【FX自動売買】Flex EAのドローダウン(DD)を25%に設定している理由

上記の記事の中では、以下のことを書きました。

ただ、本当に負けないようにする運用方法もあります。
負けそうになったら証拠金を追加投資することです。ただ、これは誰もができるわけではないので僕からはオススメしていません。

出来ないなら出来るようにすればいいのです。
だからこそ利益確保口座へ移動をさせています。

僕のFlexEAのパラメータファイルでは最大5回までナンピンをします。
5回ナンピンしたタイミングで利益確保口座からFlexEA稼働口座へ資金移動をさせています。

一時的に証拠金が増えて、損切りされるまでの金額が大きくなるので負ける可能性が大きく減ります。

以下の画像はナンピンが深くなったときの対処方法と僕の気持ちを画像にしたものです。

100万円の25%なので25万円で損切りされてしまいます。

5回ナンピンするころには損失額が25%ギリギリです。
少し逆行したらすぐに負けてしまうでしょう。

ところが、利益確保口座から50万円入金した場合、証拠金が150万円となり、
損切りラインは25万円から37.5万円になりますよね。

単純ですが、12.5万円を余分に耐えることが可能になるのです。

それでも損切りをされてしまった場合は仕方ないと思っています。

ですが、僕はこの方法で一度も負けていません。

まとめ

この記事で覚えてほしいポイントをまとめます。

  • 週1回、利益の半分を別口座へ資金移動をしている
  • FlexEAが5回ナンピンしたタイミングで利益確保口座から稼働口座へ資金を戻す

資金移動の具体的なやり方は別記事で紹介しますね。
あと念押しではありますが、あくまでこれは僕の運用方法なので真似したい人だけしてください。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントをどうぞ