こんにちは。たくです。

このページではFX自動売買において、EAをVPSで運用させるべき理由をご紹介しています。

VPSの知識が浅い人でもこのシリーズを読めば、
最後にはMT4をVPSへインストールできるようにご説明をしています。

今回はそもそもFXで自動売買をするにあたり、
なぜVPSを使用するのか?という点を私なりの考えでご説明しますね。

ブログランキングに参加していますので、 応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

EAをVPSで運用させるべき2つの理由

僕はEAを使ってFX自動売買をするにあたり、VPS環境で運用させています。

VPSを利用するにあたり、お金はかかりますが、
EAを使ってFXをするのであればVPSは必須だと思います。

その理由をお伝えしていきますね。

24時間稼働させてもPC破損等の物理トラブルの不安がない

EAは機械の判断によって売買をしていくため、24時間稼働が必然となります。

元々、家庭用PCは24時間連続稼働を前提に設計されていません。
もちろん24時間電源つけっぱなしも可能ですが、故障リスクは高まる一方です。

例えば、下記画像のように家庭用PCを使用していてディスクが故障した場合、
ディスクを交換するか、新しいPCを買い直すことをしないといけなくなりますよね。

PointEAはMT4が起動されていないと自動売買ができないため、
PCを修理もしくは買い直すまでの期間、なにもすることができなくなります。機械にも必ず寿命があり、いつかは絶対に壊れます。
このような事が原因でトレードできなくなるって立派な機会損失ですよね。

一方、VPSは物理トラブルによって停止する可能性はほぼありません。

これには立派な理由がありますのでご説明しますね。
※少しだけIT系のお話になります。

VPSはサーバ上にWindows環境を作成し、利用者に提供されています。

サーバは24時間365日連続稼動を前提に設計されているため、自動売買には最適の環境です。

また、どこのVPS業者も基本的には以下の画像のようにサーバの冗長構成をとっています。
※冗長構成とは2台以上のサーバで構成され、片方が壊れても、もう一方で動き続けることが出来る構成です。

Pointつまり、仮に片方が故障しても、新しいサーバに交換している間はもう1台のサーバで稼働できるため、
サーバが壊れたから使えない!というリスクはほぼ0%に近い環境で自動売買取引をすることができます。

外出中でもリモート接続でチャートが確認できる

僕はIPadを持っているのですが、普段はIPadからVPSにリモート接続して、
EAの稼働状況を確認しています。

以下画像のように家庭用PCを使ってVPSへリモート接続することはできます。

ですが、このためにイチイチPCを起動させるのは正直、面倒です。

軽くチャートを確認する程度なら、IPadやスマホからVPSへリモート接続して確認するほうが楽ちんです。

こんな感じです。

家庭用PCからVPSへアクセスした時と全く同じですよね。
このようにIpadをPC代わりにすることも可能です。

Pointチャートの確認はスマホ版MT4でもできますが、
EAの設定や稼働状況の確認は残念ながらできません。これはVPSで運用していない場合、外出中にEAの稼働状況の確認ができないことを意味します。家庭用PCで運用する場合も外出先からEAの設定をみたりすることは可能ですが非常に面倒です。
はっきりいって素人には無理ですね。

まとめ

EAを使って自動売買をするならVPSを絶対に使うべきです。
PC故障などのトラブルによって売買できないなんて損ですよ~。

最後に個人的には3つめの理由がありまして、
IPadを使って、MT4のチャートを眺めていることが少しカッコイイってのもあります!
売買してくるのはEAですけどね!(笑)

VPSで不明点などがあればお気軽に僕へご相談ください。
あなたのご質問やお悩みに答えることが出来ると思います。

はじめてのVPS②では僕が利用しているVPS提供業社について解説をしていますので、ご興味のある方はご覧になってください~。

【はじめてのVPS②】FX自動売買でVPSを選ぶならAVLENETがおすすめ

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

“【はじめてのVPS①】海外EAをVPSで運用させるべき2つの理由” への1件のコメント

コメントをどうぞ