こんにちは。たくです。

このページではFX自動売買の成績を自動で記録してくれるサービス「Myfxbook」の登録、設定方法を説明しています。

ブログランキングに参加していますので、
応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

Myfxbookの登録手順

Myfxbookの公式サイトへアクセスしてください。

https://www.myfxbook.com/

ユーザ情報を入力して登録をします。

ユーザ情報を入力して”登録をお願いします!”をクリックしてください。
登録メールアドレス宛へ開設リンクのメールが届きます。

メール内のリンクをクリックしてください。

無事にアカウントが有効化されると以下のページに飛びます。

公式サイトの右上部分で登録メールアドレス・パスワードを入力してログイン出来るか確認してください。
ログインが完了するとユーザー名が表示されます。

これでユーザー登録は完了です。

MyfxbookとMT4口座の紐付け設定手順

ここからはFX自動売買の成績を自動記録してくれるようにする設定手順を説明します。

”ポートフォリオ”→”アカウント作成”の順番にクリックしてください。

”アカウント作成”をクリックしてください。

“MetaTrader4(Auto Update)”をクリックしてください。

以下のページに変わることを確認してください。

メールアドレス宛に届いているAxioryの口座開設完了メールを確認してください。

各情報を入力して、”Create Account”をクリックしてください。

  • サーバ情報 → サーバ
  • ログインID → AccountNumber
  • パスワード(読み取り専用)→ 投資家のパスワード

作成が完了すると以下のページが表示されます。

トップページの”ポートフォリオ”から紐づけしたアカウント名が表示されることを確認してください。

トレードされるたびに自動的に更新されていきます。

これでMT4口座とmyfxbookの紐付けは完了です

ここからは自分のトレード記録を第三者に公開したい方向けの手順となります。

MT4口座とMyfxbookの認証手順

第三者に公開するためには紐付けしたMT4口座とmyfxbookの認証が必要となります。

認証前は自分のシステムが以下のようになっています。

”取引権限は検証されません。”

この状態だと、第三者に公開することができません。

ここからは自分のトレード記録を第三者に公開させる手順を説明します。

”ポートフォリオ”→”アカウント作成”をクリックしてください。

”編集”をクリックしてください。

”Authorization password”をコピーしておいてください。

次にメールアドレス宛に届いている、Axioryの口座開設完了メールを確認してください。

”パスワード:”をコピーしておいてください。

VPSにアクセスし、MT4の”ツール”→”オプション”をクリックしてください。

”サーバー”→”パスワード変更”をクリックしてください。

先程コピーしたパスワードを入力してください。

  • 口座開設メールのパスワード → 現在のパスワード
  • MyfxbookのAuthorization password → 新しいパスワード・確認:

入力後、”OK”をクリックしてください。

Myfxbookに戻り、”ポートフォリオ”→”アカウント作成”→”編集”の順にクリックしてください。

”Authorization password”をコピーして、”Update Password”をクリックしてください。

コピーしたパスワードを貼り付け、”保存”をクリックしてください。

”Connect”をクリックして、”アカウントが正常に許可!”と表示されることを確認してください。

再度、自分のポートフォリオにアクセスして”検証済みトレーディング権限”に変化したことを確認してください。

アクセス許可の項目をプライベートからパブリックに変更してください。

僕と同じ設定にしたいかたは以下の画像を参考にしてください。

ポートフォリオ→アカウント作成をクリックして、システムのステータスがパブリックになっていることを確認してください。

これで第三者への公開設定は完了です。

自分のトレード成績を誰かにサッと見せたい時、本当に役に立ちます。

誰にも公開したくない!という方は、この項番をやる必要はありません。

興味のある方だけ試してみて下さい。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

コメントをどうぞ