こんにちは。たくです。

このページではFX自動売買で僕がオススメしているVPS業者についてご紹介しています。

前回のはじめてのVPS①ではEAを使ってFX自動売買するならVPSを使うべき理由を私なりの考えでご説明させていただきました。

【はじめてのVPS①】海外EAをVPSで運用させるべき2つの理由

さて、今回は私が普段から利用しているVPS提供業者のABLENETについて解説をしていきます。

なぜABLENETなのか?という点を私なりにご説明しています。

ブログランキングに参加していますので、 応援クリックをよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓

VPSを選ぶならABLENETがオススメ

最初でも書きましたが、僕はVPSという仮想デスクトップサービスを利用し、EAを24時間稼働させています。

VPSを提供している業者は沢山あるのですが、
その中でも僕のオススメは”ABLENET”です。

一言で表すと”コストパフォーマンスが素晴らしい“に尽きます。

EAを使ってMT4を起動させる程度であれば、ABLENETが最適だと考えています。

ABLENETのサーバは安定性が高い

1年以上、ABLENETのVPSを契約していますが、
トラブルによる稼働停止、サーバ自身のスペック不足による動作不安定が1度も起きませんでした。

これはVPSを提供している業者によるのですが、サーバのスペックが悪いと動作不安定になりがちです。
理由は1つのサーバを複数人で共有しているからです。

分かりづらいと思うので絵にしてみました。

例えばですが、車1台に大人数を乗せて運転したときを想像して下さい。
確かに人数は乗るのですが、スピードと加速は遅くなりますよね。

VPSはこれと似ていて、1つのサーバに利用者を沢山詰めすぎると動作が不安定になりやすいのです。

ABLENETは利用者数毎にサーバを分けるということをせず、1つのサーバの利用割合で振り分けているため、安定的な動作が期待できます。

もう少しITチックな話で言うと、サーバーのスペックも関係してきます。
これは車でいうところの馬力に相当します。

いくら少人数で車に乗ったとしても、車のスペックがショボければスピードを出すのが難しいですよね。

VPSではサーバーのスペックとして、CPUやメモリに該当します。
ABLENETではユーザ自身でカスタマイズすることができるので、利用用途に合わせて活用できます。

おすすめのVPSプラン

結論からお伝えすると、”Win1プランはメモリが足りず動作が不安定”です。

私がおすすめするプランはWin2プランです。

以前は料金の安さ優先でWin1プランを契約していました。

Win1プランでもMT4を動作させることは可能ですが、メモリが1GBしかないため、動きがカクカクでした。

昼間はまだマシなのですが、夜間になると一気に重くなり、
MT4が固まる・・・。なんてことも多々ありました。

タスクマネージャーでメモリの使用率を確認すると、
80%~100%をウロウロ・・・。

原因はメモリ不足ということがわかったので、メモリを2GB搭載しているWin2プランへ変更しました。

Win2プランへ変更後はサクサクまでとは言いませんが、ストレスの感じないレベルまで動くようになりました。

メモリ不足によって、MT4が突然落ちるなどのトラブルを避けるために、Win2プランの契約をおすすめします。

はじめてのVPS③ではABLENETのVPSサービスを使うことを決心した方を対象に、
VPSの契約方法について解説をしていきます。

海外製EAの”Forex Flex EA”について興味のある方はLine@でご連絡ください。
友だち追加
お気軽にLine@へご連絡ください!






読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると嬉しいです!
↓ ↓ ↓

“【はじめてのVPS②】FX自動売買でVPSを選ぶならAVLENETがおすすめ” への1件のコメント

コメントをどうぞ